外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は1日、北朝鮮北西部東倉里のミサイル発射場で進められていた大掛かりな改修工事が完了したとみられると発表した。ミサイルの大型化に備えた工事で、北朝鮮指導部が決断すれば、年内にも発射できる準備が整ったとしている。

共同通信