外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北朝鮮が3日に秋田県沖の日本海に中距離弾道ミサイル「ノドン」とみられるミサイルを発射した際、ロケット砲や短距離ミサイルも同時多発的に発射していたことが5日、分かった。6月に新型中距離弾道ミサイル「ムスダン」を発射した際も同様の行動を取っており、早期警戒衛星やイージス艦など、日米韓のミサイル防衛(MD)システムによる探知・追尾をかく乱する狙いだったとみられる。複数の日韓外交筋が明らかにした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信