外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北朝鮮が弾道ミサイル4発を日本海に向けてほぼ同時に発射したのを受け、日米韓は6日、北朝鮮がミサイルの実戦運用能力を向上させている恐れがあるとみて、種類などについて分析を急いだ。短距離「スカッド」改良型や中距離「ノドン」との見方が出ている。安倍首相は「極めて正確に着弾させている」と強い警戒感を表明。政府は国連安全保障理事会の緊急会合開催を求める方向で調整する。中国も安保理決議に違反するとして北朝鮮を批判した。

共同通信