外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、「中長距離戦略弾道ミサイル火星(ファソン)10」の発射実験に「成功」したと報じた。実施日は伝えていないが、22日の新型中距離弾道ミサイル「ムスダン」発射を指すとみられる。大気圏再突入時の弾頭部の耐熱性や飛行安定性が「検証された」と主張。視察した金正恩朝鮮労働党委員長は「太平洋地域内の米国の連中を全面的かつ現実的に攻撃できる確実な能力を持つことになった」と強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信