外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は19日、北朝鮮が寧辺の原子炉から少数の使用済み核燃料棒を取り出し、プルトニウムを抽出する再処理施設の稼働準備に入った可能性があるとの分析結果を公表した。今月4日撮影の衛星写真を解析した。

共同通信