外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】北朝鮮が12日に発射した事実上の長距離弾道ミサイルについて、韓国国防省は23日、黄海で14日に回収した残骸の分析結果を発表し、同ミサイルが初歩的技術による核弾頭の重量の目安とされる500~600キロの弾頭を1万キロ以上運搬する能力を持つと推定していることを明らかにした。1万キロ以上飛べば米西海岸に到達。また同省関係者は23日、黄海で21日に新たに残骸3個を回収したと明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信