外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北朝鮮が核兵器原料となるプルトニウムの生産に使ってきた寧辺の実験用黒鉛減速炉(原子炉)復旧作業を完了、既に再稼働させた可能性が高いことが11日、分かった。衛星写真分析の結果、8月下旬に再稼働に伴う過程で生じた水蒸気とみられる白煙が確認された。複数の外交筋が明らかにした。一定期間の運転後、使用済み核燃料棒を取り出して再処理すれば、年間で核兵器1個分に当たるプルトニウム6キロの追加生産が可能になる。

共同通信