外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル、北京共同】北朝鮮が14日発射した「火星12」は1段式の中距離弾道ミサイルで、液体燃料を使った大出力エンジン開発に成功したとみられることが15日分かった。韓国の国防専門家らの分析などとして聯合ニュースが伝えた。米本土を標的とする大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発が急進展する恐れがある。ただ、韓国軍は弾頭の大気圏再突入技術は確立していないとみている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信