外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】北朝鮮が、同国の核問題などを取り扱う国連安全保障理事会に対し金正日総書記の死去を悼む黙とうを要請、断られていたことが分かった。安保理外交筋が22日、共同通信に明らかにした。一方、国連総会本会議は同日、北朝鮮の要請を受け黙とうを実施。日本、米国や欧州諸国などが欠席し議場は空席が目立った。北朝鮮の安保理に対する黙とう要請は12月の議長国ロシアの判断により退けられたという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信