ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

北朝鮮、対決姿勢を強調

 【北京、ソウル共同】北朝鮮は朝鮮戦争の休戦協定調印から64年となる27日、国営メディアを通じて米国との対決姿勢を強調し「敵視政策」の撤回を要求した。北朝鮮では「戦勝日」と位置付けられる祝日。日米韓3カ国は北朝鮮が近く大陸間弾道ミサイル(ICBM)などを発射する可能性もあるとみて警戒している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。