外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北朝鮮が、横田めぐみさんら拉致被害者の安否情報をめぐって日本側の提起した合同調査委員会の設置に前向きな姿勢を示していることが21日、分かった。政府筋が明らかにした。これを受け、日朝両政府は外務省局長級協議を月内にも再開する方向で調整に入った。政府筋によると、政権中枢に近い関係者が北朝鮮側と非公式に接触したが、北朝鮮は「野田首相の思いを受け、題調査を行う考えを何らかの方法で明らかにしたい」と返答。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信