外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】北朝鮮は15日に平壌で実施した軍事パレードで、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)用の可能性がある発射管付き車両を初公開した。発射管の中に実際にミサイルが入っていたかどうかは不明だが、韓国軍筋は聯合ニュースに対し「新型ICBMと推定される」と語った。米本土への攻撃能力を示し、けん制する狙いとみられる。日米韓は北朝鮮が6回目の核実験やミサイル発射実験など挑発行動に踏み切る可能性があるとみて今後も警戒、監視を続ける。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信