ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

北朝鮮、日朝協議で対話強調

 【北京共同】北朝鮮の宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使は、15~16日に開催された日朝協議での日本側について「これまでより協調的だった」と評価、「われわれの関係改善への意志は変わりない」と対話姿勢を強調した。19日までに朝鮮総連機関紙「朝鮮新報」のインタビューに答えた。宋大使は、北朝鮮側が植民地支配に関する「過去の清算」や、在日朝鮮人の処遇問題を議題として取り上げたと説明。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。