外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射や核開発を続ける北朝鮮が、国連安全保障理事会の制裁対象になっている石炭の輸出を中国から東南アジア諸国に切り替えていることが19日、分かった。中国が禁輸したため別の輸出先を求めた。石炭や鉄鉱石などの輸出で2月以降の半年間、約2億7千万ドル(約295億円)の収入を得ていたことも判明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信