外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北朝鮮が4回目の核実験強行直後の昨年1月中旬、米国との非公式協議を開き、互いに壊滅的な被害を与えるだけの核兵器を保有することで抑止力を働かせる「相互確証破壊」(MAD)の関係を米朝間で確立し、対等な関係を要求していたことが24日、分かった。協議には慈成男国連大使も出席していた。協議内容を把握している元米政府高官が明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信