外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は28日、北朝鮮が同国東部咸鏡南道の新浦で、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発目的とみられる試験台を建設したことを確認したと発表した。民間衛星写真を分析した。

共同通信