外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】北朝鮮が8日、南北実務協議の会談場所に関する韓国提案を受け入れ、協議は9日に実現することになった。北朝鮮には韓国との関係改善をてこに米朝対話再開を急ぐ狙いがあるとみられ、柔軟姿勢を続け南北融和を演出する可能性がある。北朝鮮は今回、対決姿勢から一転、板門店の韓国側地域での実務協議に同意した。狙いは、南北折衝が動き始めたことを印象づけ、米国が対話の席に着かざるを得ない状況をつくることだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信