外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン、ソウル共同】日米韓3カ国は19日、ワシントンの米国務省で北朝鮮問題に関する外務省局長級会合を開催し、北朝鮮がウラン濃縮活動や核実験、長距離ミサイル発射の一時停止を受け入れた昨年2月の米朝合意より「さらに強い義務」を履行することが必要との認識で一致した。北朝鮮が望む6カ国協議再開などを受け入れる前提条件として、日米韓が調整した内容とみられ、条件を非常に高く設定した形。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信