外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【平壌共同】北朝鮮の朝鮮労働党大会2日目の7日、討論に立った朝鮮人民軍の李明秀総参謀長は「アジア太平洋地域の米軍基地と米本土を狙ったわれわれの核攻撃手段は恒常的な発射待機状態にある」と述べ、米国をけん制した。朝鮮中央放送(ラジオ)の報道としてラヂオプレス(RP)が伝えた。党大会は8日、3日目に入るとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信