外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】朝鮮中央通信は18日、北朝鮮が予告した「衛星」打ち上げを日米韓が批判していることについて「平和的な宇宙利用権を否定し、自主権を侵害する卑劣な行為」と非難、計画通り実行する立場を強調した。同通信は論評で、日米韓など「敵対勢力」が、打ち上げを「ミサイル発射」や「国連安全保障理事会の決議違反」などと批判していることを「妄言」と反発した。国際社会の批判に対する北朝鮮の公式見解表明は初めて。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信