外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】聯合ニュースは7日、北朝鮮が衛星打ち上げと主張する長距離弾道ミサイルの発射実験の準備を進めている北西部東倉里の発射場で、地下の燃料貯蔵施設にミサイルの液体燃料を注入する作業を始めたと報じた。韓国政府消息筋の話としている。消息筋は、貯蔵施設への注入が終われば、8日ごろにもミサイルに燃料を移す作業が始まる可能性があり、始めれば中止できず、数日以内に発射する必要がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信