外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】北朝鮮の駐中国大使館は5日、共同通信など北京駐在の一部外国メディアを集め記者会見を開き、韓国海軍の哨戒艦沈没への関与を否定するため「われわれの魚雷の破片を(米韓に)提供する用意がある」とあらためて表明。同大使館が会見を開くのは異例。会見では、大使館の鄭賢宇参事官が、北朝鮮の魚雷攻撃による沈没とする韓国側の調査結果を「類例のない謀略劇」だと批判した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信