ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

北朝鮮、29日まで発射期間延長

 【平壌共同】北朝鮮の朝鮮宇宙空間技術委員会の報道官は10日、人工衛星打ち上げと主張する事実上の長距離弾道ミサイル発射について、10~22日としていた予定期間を29日まで7日間延長すると発表した。朝鮮中央通信が伝えた。1段目に「技術的欠陥」が発見されたためとしている。同時に「打ち上げに向けて準備作業を最終段階で進めている」と述べた。北朝鮮は8日の発表で、延期を示唆していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。