外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】15日付の韓国紙、朝鮮日報は、北朝鮮が昨年5月に2回目の核実験を実施した北東部の咸鏡北道吉州郡豊渓里でトンネル掘削工事が進み、早ければ来年3月にも新たな核実験が可能になると報じた。情報当局者の話として伝えた。同紙によると、トンネルは500メートル以上の長さに達しているとみられ、当局者は1キロまで掘り進めば核実験が行えるとしている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信