外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】北朝鮮の朝鮮宇宙空間技術委員会の報道官は16日、故金日成主席の生誕100年(4月15日)に合わせ、同月12~16日の間に、地球観測衛星「光明星3号」をロケット「銀河3号」で打ち上げるとの談話を発表した。朝鮮中央通信が報じた。事実上の長距離弾道ミサイルの発射実験で、日米韓をはじめ国際社会の反発は必至だ。「銀河3号」は長距離弾道ミサイル「テポドン2号」か、その改良型とみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信