外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国政府筋は1日、北朝鮮が6月26日午後に東海岸の元山付近から300ミリの長射程放射砲(多連装砲)を4発発射したと明らかにした。いずれも約100キロ飛んで日本海に落ち、試験発射とみられるとしている。聯合ニュースが伝えた。発射は朴槿恵大統領が中国を訪問する前日で、訪中を意識しけん制する狙いがあったとみられる。

共同通信