ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

北朝鮮、「衛星」落下海域通告

 【ロンドン、ソウル共同】国際海事機関(IMO、本部ロンドン)は3日、北朝鮮が発射予告した事実上の長距離弾道ミサイルの飛行経路や切り離し後の落下予定海域などの情報について、同国から受けた事前通告の内容を明らかにした。沖縄・先島諸島上空を通過して南方に向かう経路。通告は1日付で、地球観測衛星「光明星3号」を10~22日の間の午前7時から正午に発射すると説明。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。