ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

北朝鮮、「過去清算」重ねて要求

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は20日の論評で「日本は過去の侵略戦争で多大な被害をもたらしたわが国などに、徹底した謝罪と賠償をしなければならない」と主張し、植民地支配に関する「過去の清算」をあらためて日本に求めた。朝鮮通信(東京)によると、同紙が飯島勲内閣官房参与の訪朝後、日本に関する論評を掲載したのは初めて。一方で「拉致問題は解決済み」との主張は控え、配慮をうかがわせた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。