世界の出来事

 【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は24日、北朝鮮が21日に発射した新型中距離弾道ミサイル「北極星2」について、現時点で実戦配備可能な段階にあるとの北朝鮮の主張は「誇張」とする一方、1年前後で初期運用能力を獲得する可能性があるとの分析を発表した。

共同通信

 世界の出来事