外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米海洋大気局(NOAA)は1日、北極の海氷の減少に伴って暖かくなるなど、同地域の気候が2006年以降激変しているとする報告書をまとめた。低緯度地域に大雪をもたらすなど大きな影響を及ぼす恐れもあり、「地球温暖化を踏まえると、北極の変化はしばらく続き、生態系や社会に打撃をもたらすだろう」と警告している。今年の現在までの北極域の平均気温は最近30年間の平均と比べて1・5度高い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信