外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象情報会社ウェザーニューズは、24日までに、北極の海氷面積が最も小さくなる9月に、観測史上最小だった昨年の約350万平方キロメートルをさらに下回る可能性があると明らかにした。1980年代は、最小の時期でも700万平方キロメートル以上あった。同社によると、7月7日現在、海氷面積は約870万平方キロメートルで、例年と同様、9月に最小となる見込み。

共同通信