外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北海道で最大震度5強を観測した地震から一夜明けた3日、大樹町の70代女性や室蘭市の80代女性が自宅で転ぶなどしてけがをしたことが道の被害まとめで分かった。負傷者は計12人となったが、いずれも軽傷という。道によると、12人は釧路市や帯広市など9市町の10~80代の男女。自宅で転倒したり、落ちてきた物に当たったりした。JR帯広駅では天井パネルが一部落下したが、けが人はなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信