ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

北海道中心に大雪の恐れ

 気象庁は8日、西高東低の強い冬型の気圧配置の影響で、北海道や北日本の日本海側を中心に9日にかけて大雪になる恐れがあるとして、強風やふぶきや吹きだまりによる交通への影響に注意を呼び掛けた。12月としては記録的な暖かさとなった週前半から一転、冬らしい寒さが戻った。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。