外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北陸電力が来年3月末までに、日本政策投資銀行や北陸地方の金融機関からの融資も含めて計約1千億円の資金を調達する方針を固めたことが29日、分かった。原発停止に伴う火力発電の燃料費などに充てる。このうち100億円は政投銀からの融資で調達。また約3回の入札で選ぶ複数の金融機関から計約500億円の融資も受ける計画で、北陸銀行や富山第一銀行など北陸地方の金融機関が前向きに検討している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信