外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 強い冬型の気圧配置の影響で、北陸と北日本では26日にかけて雪を伴った非常に強い風が吹く恐れがあるとして、気象庁は25日、大雪や猛吹雪による交通障害、暴風や高波に警戒を呼び掛けた。なだれ、落雷や突風にも注意が必要という。25日には静岡で平年より24日、昨年より6日早く初雪を観測。岐阜、神戸、和歌山、熊本などでも初雪が降った。25日夕にかけ、冬型の気圧配置は強まる見込み。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信