ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

北電、年間無配を検討

 北海道電力が2013年3月期の期末配当を実施せず、年間配当をゼロにする方向で検討していることが、北電関係者への取材で24日分かった。年間を通して無配となれば、創業初年度の1951年度以来、61年ぶりとなる。北電は泊原発1~3号機(泊村)が停止したことで火力発電の燃料費負担が増え、業績が悪化している。12年3月期の年間配当は50円で、12年9月中間配当の見送りを決めている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。