ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

区割り改定法案が衆院通過

 衆院「1票の格差」是正のための小選挙区定数「0増5減」に伴い区割りを改定する公選法改正案は23日午後の衆院本会議で、与党の賛成多数により可決され衆院を通過した。定数削減を含む抜本改革よりも0増5減を先行させる与党の方針に野党は反発。与党は衆院3分の2以上の議席による再可決も視野に成立を急ぐ。「1票の格差」訴訟で全国の高裁が昨年12月の衆院選を違憲や無効とする判断を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。