外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衆院議院運営委員会は21日の理事会で、衆院小選挙区定数「0増5減」に伴う区割り改定法案について、憲法の「みなし否決」規定を適用し、24日の衆院本会議で再議決する日程を決めた。法案は与党などの3分の2以上の賛成により再可決され、成立する見通し。これにより次期衆院選は、違憲状態とされる「1票の格差」を是正した上で実施されることが確実になった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信