外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 アフガニスタンに自衛隊の防衛医官らを派遣する菅政権の方針をめぐり、内閣法制局が「憲法に抵触する恐れがある」として一時難色を示していたことが分かった。反政府武装勢力タリバンへの掃討作戦を展開する国際治安支援部隊の活動の一環として参加することになったためで、違憲と解釈されている「武力行使との一体化」を懸念した。政府は調査団を今月下旬にもアフガンへ出す予定。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信