外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 医療法人社団「真匡会」(東京都新宿区)が発行した医療機関債をめぐる不正販売事件で、大阪府警生活安全特捜隊は6日、詐欺の疑いで、販売を委託された民間会社の実質経営者幸松秋司容疑者(41)=東京都荒川区=や、真匡会元理事今井静夫容疑者(65)=東京都中央区=ら計10人を逮捕した。特捜隊によると、真匡会の医療機関債の購入者は20都府県の386人で、被害総額は約12億8600万円に上るとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信