外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省の足立政務官は20日、新型インフルエンザの国産ワクチンの接種回数について、20代から50代の健康な医療従事者は1回とし、妊婦や基礎疾患(持病)のある人については当面2回接種とする方針を発表した。医療従事者は、優先順位2位で次に接種が予定されている妊婦や持病のある人に、可能な限り早く接種するために1回とする。1歳から13歳未満の子どもは、2回接種が確定した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信