外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 入院患者ら10人が死亡した「安部整形外科」(福岡市博多区)の火災で、火元となった1階の階段近くにあり出火時に開いたままだった防火扉が1974年の建築基準法改正後には設置を認められない旧式だったことが13日、福岡市への取材で分かった。医院は約3年前の建物増築に伴い新式に替える義務があったが、放置。福岡県警によると、10人全員の死因が一酸化炭素中毒で、うち9人が2、3階で亡くなった。

共同通信