外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生年金の受給資格を満たしていたのに、社会保険事務所の職員のミスで無年金とされたとして、千葉県富里市の元会社員宮本守美さん(68)が、国に年金支給の遅延損害金など約490万円の支払いを求めた訴訟で、国が職員のミスを認め、和解する方針を固めたことが19日、分かった。解決金の額など具体的な和解内容については今後詰める。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信