外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 千葉県松戸市で2009年、千葉大4年の荻野友花里さん=当時(21)=を殺害したとして強盗殺人罪などに問われた無職竪山辰美被告(52)の控訴審判決で、東京高裁(村瀬均裁判長)は8日、「殺害被害者が1人で計画性がなく、死刑選択は誤りだ」と判断、死刑とした一審千葉地裁の裁判員裁判判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。裁判員裁判の死刑判決破棄は6月の東京高裁に続き2例目。1例目も村瀬裁判長だった。

共同通信