外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 JR取手駅前で路線バスの中高生らが切りつけられた事件で、斎藤勇太が「千葉県柏市内でやろうと思ったが、できなかったので取手駅前で襲った」と供述していることが18日、捜査関係者への取材で分かった。凶器の包丁に張られた粘着テープに、今年春ごろの日付などが書き込まれていたことも判明。捜査関係者によると、同容疑者は約1年前に仕事を辞め、自宅に引きこもるようになった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信