外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 長崎県西海市の2女性殺害事件に絡み、千葉県警習志野署員がストーカーの被害届受理を先送りした直後に旅行していた問題で、事件対応の検証作業の責任者だった生活安全部長と刑事部参事官が、昨年12月の作業開始当初から旅行の事実を把握していたことが23日、県警関係者の話で分かった。県警監察官室などは、組織的に隠蔽を図った可能性があるとみて、3月5日に発表した検証結果に反映されなかった理由や経緯を調べる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信