外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】国際卓球連盟(ITTF)のプロツアー・グランドファイナルは19日、ソウルで行われ、男子シングルス決勝で世界ランキング10位の水谷隼(明大)が同33位のバスティアン・シュテーガー(ドイツ)を4―1で下して優勝した。日本協会によると、同大会のシングルスを日本選手が制したのは男女を通じて初めて。大会には今季のプロツアーの成績上位選手が出場した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信