外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【デュッセルドルフ(ドイツ)共同】卓球の世界選手権個人戦最終日は5日、ドイツのデュッセルドルフで行われ、女子ダブルス準決勝では伊藤美誠・早田ひな組が、今大会のシングルス覇者、丁寧と銅メダルの劉詩ブンの中国ペアに1―4で敗れ、1971年名古屋大会以来となる日本選手ペアによる決勝進出を逃した。3位決定戦が行われないため銅メダルが決まった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信