外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 卓球の全日本選手権最終日は22日、東京体育館で行われ、男子シングルス決勝は18歳の吉村真晴(山口・野田学園高)が、6連覇を狙ったロンドン五輪代表の水谷隼(明大)を4―3で下し、同種目で水谷以来となる史上2人目の高校生日本一に輝いた。吉村は積極的な攻撃で第1、2ゲームを連取。第5ゲームも奪い、最終ゲームでは3度のマッチポイントをしのぎ、7―10からの5連続得点で大逆転した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信