外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【グラハムズタウン共同】サッカー・ワールドカップ(W杯)が開かれている南アフリカの南部グラハムズタウンの芸術祭「ナショナル・アーツ・フェスティバル」で1日、和太鼓など日本の伝統楽器の演奏が披露され、集まった市民約200人が日本独特の音とリズムに酔いしれた。日本が南ア・ケープタウンに名誉領事を置いたのがちょうど100年前の1910年。今回の公演はこれに合わせた文化事業の一環。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信